iTunesで重複している曲を自動で削除するフリーソフト「Chutil 」が簡単に自動削除できて便利だった。

Dropbox Proを、獲得した無料容量が少ないアカウントに切り替えたときにあっちこっち動かしていたら、最終的に重複ファイルがたくさんできてしまいました。もともと重複していた音楽ファイルもあったので、容量節約も兼ねて削除したいと思います。

iTunes ライブラリで重複した項目を検索し、削除する – Apple サポート

iTunesにも重複ファイルを削除する機能がありますが、自動ではやってくれません。探したらちょうどいいフリーソフトがありました。

chutilの詳細情報 – Vector ソフトを探す!

Vectorには「動作OS:Windows Vista/XP」とありますが、私のパソコンのwindows10でちゃんと動いております。

インストールしてChutilを起動すると、一緒にiTunesも立ち上がり、ライブラリ読込中と表示されます。

読み込みが終了したら、[編集]→[オプション]

続いて、[比較]タブを開いて、[重複条件]のすべての項目にチェックすると、全て同一のファイルのみが検索され表示されます。

今回の拡張子違いで重複している音楽ファイルも含まれますがあとで見直すとして、一旦はすべての重複条件にチェックを入れて削除してみます。ちなみに、[重複条件]をすべてチェックして検索すると430曲 が検索され、[ビットレート]と[ファイル形式](拡張子)のチェックを外すと669曲検索されました。

また、音質の良いファイルを残すため、[オプション]→[削除]タブの[残す曲]から、[レートが高い]を選択しました。

続いて、削除するファイルを自動で選択します。
[編集]→[自動選択]で自動で選択が行われます。

iTunesに登録された音楽ファイルを見ると、重複した音楽ファイルにはタイトルの後に” 1″と入っています。

この段階ではどちらのファイルが削除されるのかはわかりません。とりあえず、削除してみます。

[編集]から[削除]をクリックすると削除されます。430曲の内、削除されゴミ箱に行ったファイルは217曲でした。875MBがゴミ箱に移動しました。

さて、削除されたファイルはどちらのファイルだったのでしょうか。

あらま、無駄に” 1″と入ったファイルが残っていますね^^;

430曲からおよそ半分消すのはそれほど容易ではないですし、まぁ曲が変わるわけではないし、良しとしましょう。気になる人はこのソフト使わない方が良いかもしれませんね。削除されたファイルはゴミ箱にありますので、修正したい方は、ゴミ箱をあさるしかないでしょうか。

ここから更に、ファイル形式・ビットレート違いで重複しているものを削除したいと思います。

先程の、[編集]→[オプション]→[重複条件]から、[ビットレート]と[ファイル形式]を外して、残りの[曲名][アルバム名][アーティスト名][時間]をチェックして再度挑戦。すると、258曲が表示されました。

ところで、いつもはiTunesのCDのインポート設定をなんとなくmp3にしていますが、実際どっちがいいのでしょうか。

結論としては、一長一短です。互換性ならmp3、100kbps以下の低ビットレートでの音質ならm4a、といったところでしょうか。

カーナビのHDDにインポートすることもあるので、mp3の方が無難かな?ということで、mp3を残して、m4aを削除することに。

と、ここで問題が。mp3を残してm4aを削除するにも、選択が難しい。

自動選択ではファイル形式にかかわらずビットレートの高いものが選択されるし、[編集]→[形式を指定して選択]からm4aを削除しようとすると、m4a同士で重複しているものは全部削除されてしまいます。

ここはひとまず、[重複条件]から[ビットレート]のみ外して検索をしてみることに。するとたった4曲だけの重複でした。[自動選択]でビットレートの低いものを削除。

続いて、[ファイル形式]のみ外して検索、[形式を指定して選択]し、m4a同じファイルが選択されていないか確認して削除。自力で確認できるのも、曲数が少なくなったおかげですね。

ここでやっと[ビットレート]と[ファイル形式]を外して検索してみると、それでも重複曲がありました。同じCDを違うファイル形式で2度インポートしたものですね。見てみるとビットレートが低いものがm4aになっていました。iTunesの設定を行わず、CDをインポートしたと思われます。これは、[自動選択]で削除。

ここまでで、トータル346曲を削除できました。まだ違うアルバムの重複などがあるはずです。カバー曲などもあるでしょう。ライブCDの曲名が「MC」になっていて、23曲ありました。これは一応消さずにおかな…。まだまだ消してもいいようなファイルがありますが、今日はこのへんで勘弁しといてるか。

ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

Evernoteではノートブックやタグはあまり作らず、最低限にする派

Evernoteでブログの下書きをしています。

SNSのアカウントが複数あり、内容、テーマによって分けて使っていますので、ブログも内容によって書けるものと書けないものが違います。なので、ブログにしようと思うと、まずEvernoteで下書き、という風に使っています。

しかし、Evernoteも長く使っていますので、途中で書くのをやめてしまった下書きがいくつもあります。それぞれにタイトルやノートブック、タグなどでのルールがいい加減なため、たくさんのノートに埋没してしまってわからなくなっております。これは長く使っていると起こりがちな問題だと思うのですけど。

これは実は私のEvernote全体における問題となっております。対策として、

  1. ノートブックやタグでむやみにわけない。
  2. ノートの分類はタイトルで行い、探すときは検索する。
  3. タイトルのルールを忘れるので、ノートのルールはまとめておく。

というようなことを決めてから、少しづつ整理されてきたのですが、まだまだ整理しきるまでは至っていません。 最近では、【ブログ下書き】というキーワードをタイトルに載せて書くようにしています。

あと、ちょっとしたテクニックです。ノートの並びについて最近ひらめいたのが、作成日を未来で設定して、確実に最上部に表示させる、という方法。

これなら、作成日でソートすれば確実に設定したノートを表示させることができます。ちなみに更新日を未来に設定しても、ノートを更新したときにはその時間で更新されてしまうので、あまり有効ではありません。ひらめいたといっても、前からやってる人はいるんでしょうけどね。ブログなどで表示順を指定したいときにはよく行われる方法ですし。

未来に指定してあるノートはEvernoteの目次として使っており、ノートリンクやURLがたくさん貼ってあります。その他、Evernoteの運用ルールなどもまとめてあります。ほぼほぼ毎日Evernoteを使用していますが、自分で決めた使い方のルールは結構忘れてしまうので、このやり方は結構いいのではないかと思っています。おすすめ。

今のノート数が7598で、日々増減を繰り返していますが、基本的には増加傾向にあります。まだこれくらいの使い方なら上限には程遠いので心配はありませんが、Evernoteは経営状態が怪しいようなニュースもたまに出ますので、依存しすぎもよくないのかなーと思ってしまいますね。しかし・・・。

一番古いノートの日付は2010年3月。もう7年も使っていますので、私にとっては無くてはならないものになっており、依存しすぎております。ノートの作成日では9999年12月31日まで表示できますので、末永く運営してもらいたいものです。

ドコモからmineoにするまえに、mineoを再検討する。

毎年1月は通信環境を見直し始める時期。

妻のdocomoの回線の2年縛りが今月で終わるため(訂正 3月でした)、通信環境見直しの時期であります。昨年1月にdocomoから、mineoへ引っ越ししたため、妻にもmineoを使ってもらおうかと思っていましたが、1年経ってMVNO業者も新たなサービスを出してきているかと思いますので、改めて比較してみようかと思います。現在契約している回線は3回線。

  • 私:docomoガラケー+mineo Dタイプ データ通信3GB
  • 父母:mineoデータ通信3GB+通常通話
  • ※LaLa Call 050での通話

長らくdocomoを使っていましたが、SoftBankの代理店の勧誘を受け、一度浮気。2年間使用の後解約し、docomo(おかえり割適用が美味しかった)に戻り、そして現在はmineoとドコモガラケー持ちです。ドコモガラケーはメール等も排し、通話とSMS専用です。SMSは、Googleなどの2段階認証に使用しているため、私にはなくてはならない機能です。

mineoを1年使ってみた感想。

mineoに加入した1年前の当時は「ドコモの2年縛りも終わるし、iPhone3回線の通信費はなんとかせななぁ… せや、いっちょ格安SIMにしてみっか!」と思い立ちました。当時の条件は、

  1. ドコモで使っていたiPhoneをそのまま使いたいのでdocomo系であること
  2. MNPできて通常の通話ができること
  3. iPhone5S、iPhone5Cで使えること

くらいでした。うちの店内でドコモのレピーター(外から電波を拾って屋内で電波を出す機械)を長らく使用しており、今後も使い続けないと携帯が使えないため、ドコモの回線を最低一つは残す必要がありました。なのでガラケーの最低料金で1台契約しておくことに。これは私がガラケーを持つことにしました。

普段はWi-Fi、出先ではmineoという使い方でした。出先でよく使うのはブラウザでのネットサーフィン、Google マップや、YouTubeなどの動画、SNSやメッセンジャーなどでした。AmazonプライムのAmazonミュージックもオンラインで結構使っていましたが、特に不都合に感じたことはありません。iPhoneでテザリングしてパソコンで使うこともありましたが、これは結構遅かった気がします。非常用程度になら許容範囲かな。docomoを利用していた妻の方が通信が遅いというようなときもありました。これは、限度いっぱいまで利用したせいかもしれません。

mineoは契約しているデータ容量の余った分を繰り越してシェアできるので、使い切って制限がかかることは1年間1度もありませんでした。基本データ容量を1GBに下げてもいいかもしれませんが、月100円しか節約できませんので、このままでいいかな。

あと、1度だけ全く通信ができなくなったことがあります。昨年12月の最終週の夜、LINEでテキストも送れなくなってしまいました。普段格安SIMだけを使っているとこういった不具合というのは、頻繁に起こるものなのでしょうか。LINEも送れないほどというのは、はっきり言って使い物にならないレベルなので、もし頻繁におこるのなら改めなくてはいけませんね。

追記:そういえば事前にアプリをダウンロードしようとしたので、それが原因かも??

LaLa Call(ララコール)も契約していましたが、これは期待はずれでした。Wi-Fi使用時にはそれほど悪くなかったですが、3G環境では聞き取れないくらいでした。なにより、着信時にアプリを立ち上げないといけないのが不便でした。着信があったときに、いちいちアプリ立ち上げなきゃいけないと、すぐに電話に出られないし、とても不便です。これはLaLaCallに限らず通話アプリ全般のことでしょうが…。通話の契約をしているのなら、LINEの通話とかで十分かと。データ通信のみの契約で、どうしても電話番号が必要な方向けのサービスですね。

5分間かけ放題サービスや、定額通話30分、定額通話60分などのサービスもできたので、ますますLaLa Callの存在が怪しいです^^; mineoの方では契約者が減りそうですね。

昨年はCMもバンバン流れていて、mineoは知名度上がったんじゃないでしょうか?今のところmineoをもう1回線契約する方向ですが、他のMVNOとももう一度比較してみようかと思います。