電子書籍の対義語は?

Kindleやkoboで電子書籍を利用することが増えてきました。漫画が主ですが、安くなっている本なんかがあると、とりあえず買ってしまったりもします。電子書籍の合計が100冊を越えてきて、今後重複して買ってしまうこともあるかもしれないと思い、Excelで管理表を作ることにしました。シリーズ物によっては1~3巻は紙媒体の本で、続刊は電子書籍で買っているなんてものもあり、電子書籍に限定せず、紙の本も管理表の中に含めていこうかと思いました。表は下記の画像のような感じです。

Excelで電子書籍の管理。紙の本をどう表現するか。
Excelで電子書籍の管理

本のタイトルと、著者、購入先程度がわかれば管理はできるので、その他の項目は蛇足です。それぞれ、楽天koboとかKindleとかbookwalkerとか、電子書籍のプラットフォーム毎に分けているのですが、紙の本はなんてかけばいいの?と迷いました。「紙の本」じゃなんだかしっくりこないし、もっとサクッとスマートな言い回しはないものでしょうか。表を診てもらうとわかりますが、九井諒子『ダンジョン飯』の4巻が紙の本です。今回はとりあえず紙の本を『書籍』で分類することに。

電子新聞の対義語は何ですか-「紙媒体の新聞」ではくどい言い方なので… – Yahoo!知恵袋
上司:○○の書類、提出して
私:ペーパウェアですか、電子ファイルですか
上司:電子ファイルで

世間ではこんな会話が行われているようですが、紙の本についてペーパーウェアなんてのもどうなんですかね。単純に文字数が多すぎない?と思いました。紙の本…ペーパーブック?そういえばペーパーブックなんて言ったりするのかな?と調べてみましたが、ペーパーバックばかりが出てきてしまいましたので、一般的ではないようです。
ペーパーブック – Google 検索 ペーパーバック – Wikipedia

また、「paper book」は「訴訟記録書」を指すそうです。
paper bookの意味 – 英和辞典 Weblio辞書

どちらにせよ、電子書籍の対義語とするなら、漢字で表現したほうがすっきりする気がします。英語ではelectronic book(e-book)やdigital bookなどというようですが、電子書籍と言わずデジタルブックと言うならばアナログブックを対義語としておけばわかりやすいですね。電子書籍の対義語として使う場合、会話の中であれば、普通の本とか、紙の本とか言えば伝わるでしょう。しかし、普通の本で通じるのも今だけかもしれません。そのときには、紙の本に変わるスッキリした表現が出てくるのでしょうか。

投稿者: てんちょ

田舎で店やってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です