Nexus5が起動ループしてしまう…原因は充電容量???

今朝(2017/07/02)起きたら、Nexus5が再起動の状態でループしてしまっている。電源ボタン長押しして離すと、ロック画面にたどり着いて通常の操作ができるようになるが、すこし操作しないでいると再び再起動されてしまう。電源ボタンを押して再起動ループからロック画面にたどりつくと、電源をきることは出来たので、一旦電源を落としてフル充電までやってみることにした。その間に解決法を模索。

ちょっと検索すると、結構同じ目にあっている人がいるようで、記事がたくさん出てきた。Nexus5自体は2013年11月1日に発表されたもので、Google Playの注文履歴によると私が買ったのも同年11月4日だった。ループの原因は

  • バッテリーの劣化
  • android6.0へのバージョンアップ
  • 電源スイッチの接触不良

など色々言われているようだ。

android6.0へのアップデートは2015年10月6日から始まっているので、なんで2017年の今更こんな不具合があるんだろう。2014年のandroidなど使っているから悪いのだろうか。

などと、検索しつつ記事を読みつつこんなことを書いていたが、充電が少しは溜まっただろうかと電源スイッチを押してみると、再起動しないではないか!バッテリー残量は42%。バッテリーが問題だったのだろうか。ともかく、一旦は解決か。

とはいえ、5月にiPhone5Sの画面が割れてしまったので所持していたNexus5を代用品として使っているのだが、GoogleマップのGPSがズレてることがあったり操作感がiPhoneと違ったりと、ちょいちょい戸惑うことがあるので、やっぱりiPhoneに戻そうかな。

Androidに勝手にインストールされてしまうmopriaというアプリ

件の端末はKindle Fireです。

Kindle専用端末としてのKindle Fireは私にとっては使い道が薄うすいので、自己責任においてGoogle Playのアプリもいれられるようにしています。危険性は承知の上です。購入してから、特に問題なく使っていましたが、先々週くらいにmopriaというアプリが勝手にインストールされるようになってしまいました。

mopriaってなに?

読み方は、mopriaでモプリア。モピリアかなと思っていましたが【モプリア】です。結論としては、そんなに不審がる必要はなさそうなアプリです。勝手にインストールされるというのが非常に気持ち悪いですが。

ニュースにあがったのは2014年。普段iPhoneばかり使っているからか、全然知りませんでした。スマホからプリンターにつないで印刷というのができるようになって来ているのは知っていましたが、標準規格があったんですね。
モバイル印刷の業界標準を目指す「Mopria」、印刷対応アプリの開発を呼びかけ – ケータイ Watch

この印刷フレームワークを使用したMopria規格準拠の「Mopria Print Service」というアプリをGoogle Playからダウンロードしてインストールしておけば、Android 4.4以降で標準的な印刷機能を搭載しているアプリから印刷を指示すると、Mopria規格に対応したプリンタで印刷が行わえる。

「Mopria Print Service」さえインストールされていれば、個別のプリンタドライバやアプリみたいなものをインストールする必要がなく、印刷ができるというのが、この規格の肝だ。

印刷の新しい規格「Mopria」とは?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

メンバーカンパニーとして、Adobe、brother、Canon、EPSON、京セラ、富士ゼロックスなど、有名企業がならんでますが、初めて見る会社も^^; 私が知らないだけで、有名企業なんでしょうけどね。

勝手にインストールされてしまうというのが気持ち悪いですが、これはKindle FireでGoogle Play Storeを使えるように設定している方に起きている現象のようです。私も、このアプリがAmazon appからきているのか、Google Playからきているのかわからず、Google playのほうにしかアプリが表示されていなかったのでGoogle Play側に原因があるのかと思ってしまいました。

Google playのレビューを見ると、クレームを言うレビュアーへのmopriaからの回答がありました。

Mopria Print Service – Google Play の Android アプリ

The Mopria Print Service is an integrated Amazon OS feature and allows you to print to many printer brands. When you installed the Google Play store, it updated to a newer version found on Google Play. Since it was originally pre-installed, we believe that is why you can’t uninstall it. Please consider changing your rating. We will look into a fix.

以下はGoogle翻訳の日本語訳ですが、こんなかんじ。

Mopria Print Serviceは、統合されたAmazon OSの機能で、多くのプリンタブランドに印刷することができます。Google Playストアをインストールすると、Google Playで見つかった新しいバージョンに更新されました。もともとは事前にインストールされていたので、それをアンインストールできないと考えています。あなたの評価を変更することを検討してください。私たちは修正を検討します。

ほかにも、こんなこと書いてる方も。

Mopria Print Service – Google Play の Android アプリ

マルウェアじゃない 端末に最初から入っていて、アプリ更新のタイミングでいきなりリストに出現するから怪しく思うケース。Amazon Fireで印刷のためにこれをプリインストールしてるせいで上記の事象が起こって焦ったけど紐解いてみるとなんてことはない。Amazon app store と Google Playで同じAPP IDを共有してて前者のほうでは表に出さないで後者の更新として出るから紛らわしいけど、これはアプリのせいではない。

iPhoneと違って、Androidはいろいろ弄くり回すことが容易になっています。利用者は自己責任でいじっているかとは思うのですが、実際問題が起きたときに自分で、原因を発見して、対処できる人がどのくらいいるのでしょう。私も端末内を確認したりすることなしに、検索結果から総合的に判断してしまいましたが、自分で原因を確かめることは習慣として持っておきたいなと思いました。結構面倒ですけどね。